楽天証券でインデックスファンドを積立投資する最強の3つのメリット

悩む人

楽天証券でインデックスファンドの積立投資をするメリットが知りたいです。

本記事では上記の悩みを解決します。

楽天証券でインデックスファンドの積立投資をすれば、インデックスファンドを無理なく続けるだけでなく、複利効果を最大限活用することができます

本記事を読めば、楽天証券でインデックスファンドを積立投資することで得られる3つのメリットと、そのメリットがいかに強力であるかが理解できます。

そーいち

僕も楽天証券で毎月10万円のインデックス積立投資していて、利用するメリットはかなり大きいと感じています。

目次

楽天証券でインデックスファンドを積立投資するメリット

楽天証券でインデックスファンドを積立投資することで得られる3つのメリットは下記の通りです。

  1. 楽天ポイントが最大で500ポイント貰える
  2. 楽天ポイントでインデックスファンドが買える
  3. 楽天銀行口座から自動入出金ができる

楽天証券を使うメリットはこれ以外にも沢山あります。

本記事では、その中でも特に強力なメリットとして挙げられるのが上記の3つについて詳しく解説していきます。

楽天ポイントが最大で500ポイント貰える

楽天証券では、投信積立を楽天カード決済で購入することができます。

  • 楽天カードによる積立投資の上限は50,000円/月
  • 楽天カード決済による積立投資は毎月1日となる
  • 100円につき1ポイント(最大500ポイント)還元

つまり、楽天証券で楽天カード決済で毎月1日にインデックスファンドを購入すれば、1%のポイントバックが受けられるということです。

毎月50,000円インデックスファンドの積立投資をすれば、毎月500ポイント、年間で6,000ポイントが獲得できる計算です。

たった500ポイントと思うかもしれませんが、銀行などがすすめるボッタクリ投資信託には購入するだけで3%の手数料が取られるケースもあります。

銀行のボッタクリ投資信託を50,000円購入しても、手数料で3%取られてしまえば、購入した時点で既に1,500円の損失です。

楽天証券なら購入手数料は基本無料、かつ購入した瞬間に1%(50,000円であれば500ポイント)の利益となります。

そーいち

同じ50,000円の投資でも両者の差は購入時点で2,000円にもなります…。

楽天ポイントでインデックスファンドが買える

楽天証券では楽天ポイントでインデックスファンドを購入することができます。

  • 毎月の楽天カード利用で貯めたポイント
  • 楽天市場での買い物などで貯めたポイント
  • 楽天証券で積立設定をして貯めたポイント

楽天証券なら、これらの様々な場面で貯めた楽天ポイント(期間限定ポイントは除く)でインデックスファンドを購入することが可能です。

特に、楽天カード決済による積立投資で貯めたポイントも利用することができるのは大きなメリットです。

50,000円の積立投資を行えば、毎月500ポイントを獲得でき、更にその500ポイントで追加でインデックスファンドを購入でできます。

これは毎月50,000円で実質50,500円の積立投資ができるということです。

  • 毎月50,000円を年利5%で20年運用すると20,551,683円
  • 毎月50,500円を年利5%で20年運用すると20,757,200円

その差は20万円にもなります。

もちろんこれは机上の計算であり、20年後も楽天証券でポイント投資サービスが継続されているかは不明です。

しかし、毎月のたった500円の差がこれだけの利益差を生むことはわかって貰えるのではないでしょうか。

そーいち

僕は積立投資で獲得した500ポイントを含め、毎月3,000ポイントほどを全てインデックスファンドに投資しています。

楽天銀行口座から自動入出金ができる

通常、証券口座で株や投資信託を購入する際には、銀行口座から証券口座に入金しなければいけません。

楽天証券は楽天銀行口座と連携(マネーブリッジ)することで、わざわざ証券口座にお金を移さなくても、自動で楽天銀行口座から入出金されます

マネーブリッジを設定することで、

  • 楽天銀行口座から自動入出金が可能
  • 入出金時の手数料は無料
  • 楽天銀行口座の普通預金金利が0.1%にアップ

月50,000円までの積立投資であれば、楽天カード決済で完結しますが、それ以上の金額を積立投資するには、証券口座に入金する必要があります。

楽天銀行口座と連携させることにより、この面倒くささは完全に解決します。

手数料も無料で、かつマネーブリッジ設定をすることにより楽天銀行口座の普通預金金利が0.02%から0.1%(税引後0.079%)に跳ね上がるのも魅力です。

大手メガバンクの預金金利が0.001%なので、楽天銀行の0.1%は驚異的だと思います。

そーいち

楽天証券口座を開設するのであれば、一緒に楽天銀行口座も開設することをおすすめします。

まとめ:楽天証券で福利効果を最大化し、無理なくインデックス投資をはじめよう

本記事では、楽天証券でインデックスファンドを積立投資する最強の3つのメリットについて解説しました。

楽天証券でインデックスファンドを積立投資するメリットは、

  1. 楽天ポイントが最大で500ポイント貰える
  2. 楽天ポイントでインデックスファンドが買える
  3. 楽天銀行口座から自動入出金ができる

1%のポイントが貰えるということは、購入時点で購入資産を年利1%で運用したのと同じことです。

更にポイントを再投資、もしくは追加投資することによって、ポイントに対しても更なる福利効果が期待できます。

証券口座でリスク資産を運用しつつ、楽天銀行では現金をノーリスクで0.1%運用が可能なのも魅力的です。

自動入出金ができれば、いちいち面倒な入金作業が不要となるので、結果的に継続のハードルを下げることもできます。

証券口座を持っている人と持っていない人とでは、その間に大きな差があり、資本主義社会で資産を築くためには、証券口座は必須の道具です。

そーいち

証券口座を開設し、資本主義の恩恵を受けましょう!

SNSでシェアしてくれると喜びます

この記事を書いた人

30代都内勤務のサラリーマン。2才の娘と妻の3人家族の1馬力。45才でサイドFIREを達成すべく毎月11万円をインデックスファンドに積立投資中。趣味はブログと資産運用、読書。

目次
閉じる