楽天銀行のメリットは?『金利』『手数料』『ポイント』3つの視点で解説

楽天銀行のメリットは?『金利』『手数料』『ポイント』3つの視点で解説
悩む人

楽天銀行を利用するメリットが知りたい!

本記事では、楽天銀行のメリットを『金利』『手数料』『ポイント』の3つの視点から解説していきます。

本記事を読むことで、楽天銀行のメリット・デメリットがきちんと整理でき、安心して口座を開設することが可能です。

本記事の内容
  • 楽天銀行とは
  • 楽天銀行のメリット
  • 楽天銀行のデメリット
  • 楽天銀行の口座解説は簡単

結論を先にお伝えすると、

  • 預金金利は最大0.1%で大手銀行の100倍
  • ATM手数料無料(最大7回/月)、他行振込手数料無料(最大3回/月)
  • 楽天ポイントが各取引によって獲得できる

上記理由からも、楽天銀行口座を開設しておいて損はありません。

預金金利が高いので貯金口座としても使えますし、手数料が無料なのでメイン口座としても使えます。

そーいち

ネット銀行にネガティブなイメージを持っている人もいると思います。そんな誤解を払拭できるよう、わかりやすく解説していきますね。

目次

楽天銀行とは

楽天銀行とは、実店舗を持たないネット銀行であり、国内で初めて1,000万口座を突破した、国内最大のネット銀行です。

出典:楽天銀行「インターネット銀行で初めて1,000万口座を突破!」から引用

ちなみに、大手銀行3社の個人の預金口座数は下記の通りです。

三菱UFJFG約4,000万口座
三井住友FG約2,700万口座
みずほFG約2,400万口座

さすがに大手銀行3社には及びませんが、楽天銀行の1,000万口座という口座数は決してマイナーな銀行のものではないと言えます。

楽天銀行の主な特徴
  • コンビニATMで24時間365日利用可能
  • ATM手数料0円(最大月7回)
  • 他行振込手数料0円(最大月3回)
  • 金利が最大0.1%(大手銀行の100倍)
  • 強固なセキュリティ
  • 楽天ポイントが貯まる!使える!
  • スマホアプリで簡単管理
そーいち

特徴からもわかると思いますが、サービス面は大手銀行以上であることは間違いありません!

楽天銀行のメリット①『金利』

  • 普通預金金利:0.02%
  • 普通預金金利(楽天証券連携):0.1%

楽天銀行の普通預金金利は通常時で0.02%、この時点で大手銀行の20倍です。

さらに楽天証券口座と連携(マネーブリッジ)させることで普通預金金利は0.1%まで上げることができます。

普通預金金利0.1%は大手銀行の普通預金金利0.001%の100倍です。

楽天証券口座との連携は非常に簡単で、楽天証券口座を持っている人であれば誰でも簡単に申し込むことができます。

そーいち

大手銀行に100万円を預金しても利息は10円/年ですが、楽天銀行であれば1,000円/年(税引前)。この差はかなり大きいです!

楽天銀行のメリット②『手数料』

楽天銀行は預金残高と取引回数によって、ATM手数料が無料(最大月7回)他行振込手数料が無料(最大月3回)となります。

預金残高と取引回数によって無料となる回数は以下の通りです。

スクロールできます
グレード(残高および取引数)ATM無料回数他行振込無料回数
スーパーVIP(残高300万以上または取引30件以上)7回/月3回/月
VIP(残高100万以上または取引20件以上)5回/月3回/月
プレミアム(残高50万円以上または取引10件以上)2回/月2回/月
アドバンスト(残高10万円以上または取引5件以上)1回/月1回/月
ベーシック(エントリー)

楽天銀行にはハッピープログラムという残高と取引数に応じてグレードが決まる優遇プログラムがあり、そのグレードに応じて月のATM無料回数と他行振込無料回数が決まります。

例えば、週1でATMを利用する場合、100万円以上を入金し、クレードVIPで月のATM利用回数を5回にするのがおすすめです。

ちなみに上記の無料回数をオーバーした場合のATM手数料は220〜275円、他行振込手数料は168〜262円となります。

そーいち

手数料は完全に無駄なお金です。大手銀行であれば一回のATM利用で利息より高いお金をドブに捨てることになります…。

楽天銀行のメリット③『ポイント』

楽天銀行は、振込や入金、口座振替などの取引ごとに楽天ポイントが貰えます。

獲得ポイントは上記で解説したハッピープログラムのグレードに応じて異なります。

主なポイント獲得取引は下記です。

出典:楽天銀行HP「ハッピープログラム対象のサービス」より引用
出典:楽天銀行HP「ハッピープログラム対象のサービス」より引用
出典:楽天銀行HP「ハッピープログラム対象のサービス」より引用

ポイント獲得倍率はハッピープログラムのグレードがベーシック、アドバンストで1倍プレミアムで2倍VIP以上で3倍となります。

せっかくならポイント倍率3倍を目指したいので、100万円以上を入金し、VIP以上をキープするのがおすすめです。

そーいち

上記は4月の僕の楽天銀行経由のポイント獲得実績です。グレードはVIPですが、毎月50ポイント程を何もせずに貰えています!

楽天銀行を利用するメリットは他にも多数あり

上記で紹介した『金利』『手数料』『ポイント』以外にも楽天銀行を利用するメリットは沢山あります。

上記3点以外のメリットも簡単に紹介していきます。

楽天銀行のその他メリット
  • コンビニATMで24時間365日利用可能
  • 強固なセキュリティで安心
  • スマホアプリで簡単管理

それぞれサクッと解説していきます。

コンビニATMで24時間365日利用可能

近くのコンビニATMが24時間365日、いつでもどこでも利用可能です。

土日や深夜帯でも手数料は無料(最大7回/月)なので、急な引出しでも安心して利用できます。

強固なセキュリティで安心

ネット銀行ならではの、取引通知メールやワンタイム認証でセキュリティは万全の対応となっています。

万が一の際は、ネットバンキング被害補償もついているので安心です。

スマホアプリで簡単管理

楽天銀行はスマホアプリに対応しています。

残高照会や振込、着金確認などが手元のスマホで完結できるのでとても便利です。

そーいち

僕は楽天銀行をメインバンクとして使い始めてから1年程ですが、非常に快適です。正直もうネット銀行以外、考えられません。

楽天銀行のデメリット

楽天銀行を利用する上で、少なからずデメリットも存在します。

楽天銀行のデメリット
  1. 店頭での相談ができない
  2. 支店名が何となくダサい

サクッと解説していきます。

店頭での相談ができない

楽天証券は実店舗を持たないネット銀行です。

これは楽天銀行に限らず、ネット銀行全てに言えることですが、店頭窓口での相談ができません。

楽天銀行はチャットでの問い合わせにも対応していますが、窓口での相談には勝てません。

支店名が何となくダサい

楽天銀行は実店舗を持たないので、支店名がちょっと変わっています。

楽天銀行の支店名(一部抜粋)
  • ジャズ支店
  • ロック支店
  • サルサ支店
  • アロハ支店
  • エレキ支店
  • マンボ支店
  • エンカ支店

お世辞にも良いとは言えないネーミングセンスです。

ちなみに僕はアロハ支店なのですが、他社からお金を振り込んでもらう時、支店名を伝えるのが若干恥ずかしいです。

そーいち

他にも、ソナタ支店やサンバ支店など。個人的にはマンボ支店でなくてよかったと思います。笑

楽天銀行の口座解説はスマホ完結で簡単

楽天銀行の口座解説はスマホのみで完結できて、とても簡単です。

本人確認書類もスマホから写真をアップロードすれば良いので、面倒な郵送手続きなどは必要ありません。

スマホで簡単!口座解説3ステップ

STEP
本人情報入力

名前や住所など口座開設の申込に必要な情報を入力します。

STEP
アプリで本人確認書類撮影

楽天銀行アプリをダウンロードし、本人確認書類を撮影のうえ送信します。送信から2日~2週間程度で、口座開設完了をお知らせする「ThankYouレター 初期設定ガイド」(簡易書留)が届きます。

STEP
初期設定後、ログインして利用開始

「ThankYouレター 初期設定ガイド」に沿って、初期設定を行います。初期設定が完了したらログインして口座関節は完了です。

そーいち

銀行窓口での面倒くさい手続きや印鑑は一切不要です!ノンストレスで簡単に開設できちゃうのは本当に

まとめ:楽天銀行のメリットは資産形成を加速させる

本記事では楽天銀行のメリットについて解説しました。

楽天銀行は国内最大のネット銀行で、口座開設数も1,000万口座と大手銀行3社の個人の口座数に迫る勢いです。

楽天銀行のメリットは主に下記の3つでした。

楽天銀行の主な3つのメリット
  1. 普通預金金利が最大0.1%
  2. ATM手数料が最大7回/月、他行振込手数料が最大3回/月まで無料
  3. 各種取引で楽天ポイントが貯まる

楽天銀行に100万円を預金すれば年間1,000円の利息(税引前)が貰えます。

毎月2回、ATMを手数料110円で利用すると年間2,640円ですが、楽天銀行であれば無料です。

更に、各種取引ごとに楽天ポイントも貰えちゃうので、使わない手はありません。

資産形成をする上で、無駄な手数料は払わないというのは鉄則であり、その小さな積み重ねが20年後、30年後には大きな差となります。

楽天銀行は楽天証券との相性が非常にいいので、将来に向けて資産形成を考えている人にもおすすめの銀行と言えます。

是非、この機会に楽天銀行の口座を解説して、資産形成の強力なツールとして活用しましょう。

SNSでシェアしてくれると喜びます

この記事を書いた人

30代都内勤務のサラリーマン。2才の娘と妻の3人家族の1馬力。45才でサイドFIREを達成すべく毎月11万円をインデックスファンドに積立投資中。趣味はブログと資産運用、読書。

目次
閉じる